お買いものレポ

家庭用わたあめ機☆購入!さっそく作ってみました!なかなか難しい…

こんにちは!

福岡在住主婦こみーです^ – ^

もうすっかり秋の気候になりましたね!

今年の猛暑はすごかった…

外に出るのも勇気が必要なほど…(。-_-。)

夏といえば夏祭り!

と言うことで、我が家も幼稚園の夏祭り、小学校の夏祭り、地域の夏祭り、とたくさん満喫してきました!

お祭りで買うものといえば…

かき氷、たこ焼き、そして、、、

わたあめ!!

子どもは、わたあめ大好きですよね☆

ウチの姉妹も大好き☆

わたあめって材料はお砂糖だけだし、機械さえあれば簡単に作れちゃう?!

そして我が家に仲間入りしたのがこちらです!

さっそく作ってみましょう♪

【材料 】ざらめ 割り箸 以上(笑)

ざらめはスーパーにもあったけど、いろんな色があったほうが楽しいかな?と思ってネットで購入しました。

スイッチを入れて10分間は機械が温まるのを待ちます。

機械はかなり高温になるので、お子様は触らないよう注意が必要です!

10分待って、いよいよレッツクッキーング♪

(ざらめを入れてクルクルするだけだけど^^;)

でも、クルクルするだけだけど、微妙に難しい!コツが必要です…

一度電源をOFFにして中心部の回転がとまってから、付属のスプーン1杯のざらめを入れます。

電源をON!

わたあめが出てくるまで少し時間がかかります。

出てきはじめると、一気にどんどん出てくるので、クルクルクルクル 頑張って割り箸を回します。

クルクル

クルクル回し続けて完成です!

もっと作りましょう♪

完成です!

色付きのわたがし、可愛いです♪

子どもは、できたそばからパクリ!

すぐになくなっちゃいます^^;

しかし、なかなかまるく上手に作るのは難しいです、、

油断するとこんな感じになります(汗)

コツとしては

❌ 割り箸を縦にしてクルクル円を描くように回すのではなく、

⭕️ 中心部の上で割り箸を横にしてその場でクルクル素早く回転させることです!

わたがしを作ろう!と言うと子どもたちは大喜び♪^ – ^

夏休みなど時間があるときの楽しみの1つとしてもいいかなと思います。

美味しいし楽しいしリーズナブルに出来るのはいいですよね!

ただ…

後片付けは、面倒くさがりの私にはちょっと負担です…(-_-)

お楽しみのあとは、このような状態に。

ざらめが周囲にくっつくので、機械が冷めたあとでしっかりと洗わないといけません。

ベタベタになるのであまり好きではない作業ですが、子どもたちはくっついたザラメのかたまりも楽しそうに取って食べてます(笑)

子どもが楽しんでるので、買ってよかったかなと思います^ – ^

ただ注意しておくことが2つ。

大きさがわりとあります。(外形寸法 直径約30×高さ約31㎝ 説明書より抜粋)

収納場所、どこにしようか考え中です…

わたあめを作る際に、割り箸に巻ききれてない わたあめが空中にまって、周囲がベタベタすることがあるそうです。

確かに、このわたあめ機にはカバーなどは付いていません。

ネットで検索すると、自分でカバーを作られてる方もたくさん!すごい!

私も作ろう!材料買いに行こう!

でも子どもたちは早くわたあめ作りたがっているので、とりあえず臨時的にカバーを作ることにしました。

それがコチラです(笑)

そうです、ダンボール(笑)

ダンボールの上にビニールを貼っただけの超簡単仕様^^;

でもカバーとしての実力は問題ナシです!

しかも子どものイラスト付き♪

これでとりあえずのわたあめライフは楽しめます!

落ち着いたら、ちゃんとしたカバーを作ろう♪

…と思って、早1ヶ月以上、、

まだダンボールカバーのままです(´∀`; )汗

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です